勉強方法

弁護士になるためには司法試験に受かる必要がありますが、その為に必要な勉強方法は弁護士の基本となる六法全書や、司法試験の基本書を確実に頭に入れておくことが重要となります。基本書というのは司法試験を受けるための基本となるべき内容の本で、その基本を知っておかないと基礎が出来ていないことになるため司法試験に受かることは難しいと言えます。六法全書に関しても日本国内の法律の基本ですので、すべて頭に入れておくことが司法試験では求められます。それ以外にも今までの判例などを記載してある本なども必要で、法律に関することをどれだけ頭の中に正しく入れて行けるかが勉強法としては重要となります。

弁護士に必要なことはいかに正しい知識を有しているかという非常に単純なものが最も必要ですので、それが欠落しているようでは司法試験を受ける準備が整っていないということになります。その為暗記するということが重要で、何度も繰り返し基本書や判例、六法全書などを読み返すことが最も確実な勉強法となります。後は覚え内容を自分なりに理解し昇華することも必要ですので、暗記した内容をいかに自分なりに理解でき、柔軟な思想で考えることが出来るかも司法試験の勉強には必要です。